Home

8月 05, 2016
嗚呼、エアインディア

8月1日15:20

タクシーでバンガロール空港到着。チェックインの時に確かにキャンセルになったと言われ聞き返すがカウンター職員は何も答えず発券を続けている。訳がわからず、オーダーした通路側の席が取れなかったという意味だろうと推測。でももっと突っ込むべきだったと後から思う。空港内の店で前回と同じく半額セール中のピアスを4つ買い、ラウンジでWi-Fiに繋ぎ、日本の家族にメール、近々の演奏関係者に連絡。

17:10

エアインディア バンガロール発デリー行きに搭乗。ほぼ予定通り出発。隣のお姉さんの貧乏ゆすりが気になる。

20:00

デリー到着。空港建物に入ったところで、大阪、香港行きの乗客が集められる。6名ほど。香港に台風が直撃したのでフライトがキャンセルになったと告げられる(デリーから関空の便は給油のために香港に寄るのです)。OMG!!そういうことだったのね。ここで洋子さんと初めて話す。職員と共にエアインディアカウンターへ。21:30にもう一度カウンターに来るように言われる。洋子さんと自己紹介し合いながら待つ。

21:30

別のカウンターに行けと言われたり22:00にもう一度来るように言われたり。インドだし。エアインディアだし。怒る労力がもったいない。バンガロールからの6名の内、バンガロールでIT会社をやっているというAさん、Mさんと話す。Mさんはお客様の接待で播磨を使ってくれているらしい。あと、播磨のオーナーの一人ハリさん&順子さんのIT会社もご存知だった。なんだか親近感。

22:00

カウンターには私たちより前に別の場所からデリーに到着した乗客も含め、30人程がチケットを持って苛立っている。あーこれ、ニュースなんかでよく見る場面だなあと他人事みたいに思うけれどこれは『訓練ではありません』。自分に起こっていること。ここぞというときはしっかり主張しなければ。一番先頭で空港職員と戦っていたのが後に親切にしてくれるIITの先生(IITはインドの東大?旧帝大?みたいな超有名大学。ここの卒業生は名刺にIIT卒業と書くらしい)。19:30にムンバイから着いたのにずっと待たされているらしくかなりの剣幕。しかし香港空港が閉鎖されているのでどうにも今夜は飛べないと。立ったままで色々な人と話しながら待っているので足が痛い。英語はまだしもヒンディは全くわからないので、たまにAさんとMさんが状況を教えてくれる。深センから来たという男性2人組、台北在住のインド嫌いのインド人とも話す。台北在住の彼にはLineを交換しようと言われるが洋子さんと2人で聞こえなかったことにして誤魔化す。日本人はもちろん、女性客もほとんどいないので、お互いがいて良かったねと洋子さんと励まし合う。自販機で10ルピーの水を2本買う。

23:00

明日のフライトは何も決まらないまま。とりあえずエアインディアがホテルとホテルまでのバスを手配してくれた。どんなホテルに連れて行かれるか不安だけど、空港で一夜過ごすよりはましだろう。着替えも化粧道具もないけどまあいい。そんなことよりとにかく日本に帰らなければならない。ところが空港を出るところで今度はセキュリティと揉める。日本の空港のように誰でも建物に入れる訳ではなく、バンガロールもデリーもその日に乗る航空券がないと建物には一歩も入れない。私たちは今日の航空券しか持ってないので問題らしい。明日入れなかったら困る。AさんとMさんがエアインディアに乗客リストをもらいに行ってくれたけど、結局はセキュリティのところで職員が手書きで作成。どんどん列から押し出される私たちをAさんMさんが助けてくれて、私たちも無事空港を出られた。夕食を食べておらずお腹が空いたので売店で一個100ルピーの巨大サモサを2つ買い、洋子さんとバスの中で食べる。まあまあ美味しい。車内の照明が青くてなぜかムーディで笑える。明日のことは考えても仕方ないので考えないように努める。

23:10

ようやくバス出発。30名ほどで大型バスは満席。全員同じホテルに向かうみたい。二度と来たくないと思っていたデリーにまた来てしまった、しばしの別れを悲しんでいた気分も吹っ飛んだなあ、どんなホテルに連れていかれるんだろう、、、とドキドキしていたら、ラディソンホテルというかなり大きな綺麗なホテルにバスが入っていった。おー!これは嬉しい。みんなも喜んでる。ゆっくり寝られそう。

23:50

ホテル到着。人数が多くてなかなかチェックインも出来ないので、AさんMさんとホテル内レストランへ。エアインディアから連絡が行っていたようで、種類は少ないけれど温かいブッフェが用意されていた。サモサを食べていたので、ほんの少しだけ味見をする。インドの人は食欲旺盛。その後、バンガロール組6名一緒にチェックイン。洋子さんと同じ部屋にしてもらう。もうすでに昔からの友達みたい。ホテルカウンターでIITの先生と話す。彼も大阪に行くらしく、さよなら以外の日本語の挨拶を教えてと言われる。部屋は820。ツインの広めの綺麗な部屋。Wi-Fiも問題なく通じてホッとする。明日の集合時間はまだわからない。また連絡があるらしい。洋子さんのエージェント情報では香港は明日いっぱい閉鎖らしいとのこと。それは困る。3日には演奏がある。ひとしきりiPhoneをいじってから就寝。

8月2日5:30

フロントからの電話で起こされる。11:00に飛べるかも。6:00にロビー集合とのこと。

6:00

2人でロビーに行くも、今度は8:00に来いと。6:30から朝食が始まるからそれを食べて待ってくださいとのこと。部屋に戻る。このときはまだ11:00に飛べると思っていた。

7:30

朝食を食べにレストランへ。先に来ていたAさんMさんと同席する。Aちゃん、Mちゃん、ヨーコちゃん、ハルちゃんと呼び合い、記念撮影。なんかおもろい。

8:00

どうやら11:00は飛ばないらしい。愕然。IITの先生と立ち話。

10:00

どうしても3日の演奏は穴を開けられない。こういう時は空港会社に言ったもん勝ちなんじゃないか、待つだけではなくて何かできないかとベッドの上で考える。ハルヨ、がんばれ。考えろ。行きは伊丹〜成田〜デリー〜バンガロールだったのを思い出し、私たちは大阪に行きたいんだから香港を通過しないデリーから東京に飛ぶ便に変えてもらったらどうかと思い付く。隣の部屋のIIT先生も大阪で学会があるらしい。彼に頼んで、だめもとでもエアインディアに交渉してもらおう。

10:30

隣の部屋を訪ね、IIT先生にアイデアがあると伝える。私たちは英語の能力に限界があるからエアインディアとの交渉をして欲しいと伝えると、すぐにフロントに行って電話番号を聞き出し連絡を取ってくれた。私がトイレに行っている間に話が通ったみたいで、今夜21:30の東京行きに乗れるという!!!!が、それはすでにエアインディアが決めていたとのこと。ほんまかいな。なにわともあれ安堵。でも実際に離陸するまで安心は出来ないと気を引き締める。

12:30

洋子さんとブッフェで昼食。ミネラルウォーター頼んだらそれだけで250ルピー。やはりかなりの高級ホテルだったのね。その後AさんMさんとカフェで談笑。生マンゴーのジュースをご馳走してもらう。マサラの効いた個性的な味。お二人含めた中国方面に向かう20名程はひとまず香港に向かう飛行機に乗れることになったらしい。良かった!再び記念写真を撮り、バンガロール播磨で同窓会をしようと約束、ハグをして別れる。本当にお世話になった。感謝。いろんな話をしたのも気が紛れたし楽しかった。その後、洋子さんとホテル併設の小さなショッピングモールをぶらぶらし、Fabindiaで藍染ドゥパタを一枚購入。機内で使おう。部屋に戻り、ネットを見たりうとうとしたりシャワーしたりしていたら16:40頃電話がありロビーに集合とのこと。とうとう空港へ向かえるみたい!

17:00

IIT先生には連絡がなかったらしく、遅れて来られる。隣の部屋だったからお知らせすれば良かった。大阪に向かいたい9名で2台の車に分かれて乗り、空港へ向かう。渋滞は大丈夫だろうか。

17:45

それほど混むこともなく、空港に到着。が、すんなりチケットが用意されているはずもなく。どうやら東京から大阪の席が空いてないらしい。シンガポール経由で明日の夜に関空着と言われ焦る。それだと仕事に間に合わない。東京から大阪は自費でなんとかするので、ひとまず東京へ行きたいというか行かせて!(行かせろ!!!)と伝える。IIT先生も一刻も早く到着したいとのことで、強固に交渉を続けてくれる。心強い。そして東京行きに乗れることになった!!よかった!!!しかし、Eチケットを作り直してもらうためにボーディングパスを渡すも、女性職員に受け取ってないと言われ(ちゃんと渡してたんだけど)はじめてちょっとエアインディア職員にキレた。初めて英語でキレた記念すべき瞬間。そしてそれはもう長い時間待たされ、ようやくEチケットが発券される。しかし預けた荷物は待てど暮らせど来ない。エアインディアは信用できないのでもう一度自分でチェックインしたいと伝えるも、結局ちゃんと東京で受け取れるからとのこと。ほんまかいな。ロストするならそれはもう仕方ない。とりあえず身体さえ帰れれば仕事には間に合う。IIT先生は政府の招聘だからエアインディアを使わざるを得ないけど、みんなはなんでこんな最低な航空会社を使うんだ!と憤慨。ずらりと5人程が並んで座り何もしないインフォメーション嬢達(写真撮ってやった)、窓口でこれは自分の仕事ではないとばかりにスマートフォンでゲームをする男性職員(写真撮ってやった)。IIT先生とそれを見てもう笑うしかない。チャイくらい持って来いとIIT先生。エアインディアの職員に案内され空港入り口のセキュリティを通り、エアインディアカウンターに着いたのが1時間40分後。長い。脚が痛い。

20:00

IIT先生も他のメンバーも、なんとか東京から大阪への新幹線、飛行機の代金をエアインディアに出させようとカウンター職員と交渉を(怒鳴り)続けている。ヒンディなので地名しかわからないけれど。でも空港職員も引かず、それは難しいみたい。成田から羽田は何時間かかるか聞かれるたけど、そんなこと知らないよ!1時間くらいと答える。だいたい合っていて良かった。他のメンバーも私たちも無事にチェックインできた。入国審査をスムーズに通過。新しい靴を履いていたので脚が限界、売店でインドっぽい草履を買ってはき替える。無事搭乗ゲートへ。洋子さんの買っていたナチョスチップスを食べた。私も好きな、時々1MGで買うやつ。美味しかった。チーズ味が沁みた。

21:15

多少遅れたものの、ほぼ定刻で離陸。後はもう何事もなく到着するのを祈るしかない。機内は空いていて、席をみっつ占有できた。横になれる!嬉しい。IIT先生に大阪への行き方を教えてと言われていたのでメモを書いて説明する。その後、赤ワインSulaのミニボトルを2本もらい、機内食を軽く食べて飲んで横になったらすぐ寝ていた。

8月3日9:00

成田到着。熟睡できたので早かった。洋子さんとハイタッチ!出国審査は自動ゲートに登録してるので一瞬。嬉しいことに荷物もすぐに出てきた!重いスーツケースを持っていると動きが取りにくいので宅配便で自宅送りにする。家族と今日の仕事関係者に連絡。Facebookにアップ。羽田行きのバスに乗り、到着後iPhoneで手配したスカイマーク神戸空港行きに搭乗。一緒のホテルに泊まった他の大阪行きの人たちをお世話できなきったのが心残り。でもきっと空港職員やエアインディア日本人スタッフがちゃんとしてくれてると思う。私はそれどころではなかった。ほんとにごめんね、みなさん。無事それぞれの目的地に到着してますように。逞しいインドの人たち、きっと大丈夫!

14:10

スカイマーク、神戸空港に時間通りに到着!ブラボー!!妹が車で迎えに来てくれた。ありがたい。自宅でシャワー、着替え、演奏の準備。大阪で行われた企業主催のコンサート開始1時間半前に無事到着。コンサート内では今回の顛末を短くお話しし、みなさん驚いてくださる。もしかしたら居倉さんとわたしの紙パネルのコンサートだったかもしれなかったと言ったら爆笑。いやもう、笑い話になって良かった!ほんとにほんとに怖かった。今度からは2日か3日は余裕を見ておかなければと肝に命じる体験となった。


ただ、この経験で素晴らしい友達ができたことも事実。吊り橋効果かもしれない。だけど全員が責任ある仕事を持っている人たち。学会やミーティング、私は演奏。なんとかして目的地に行かなければならない時にただただ怒りをぶつけるだけではなく、台風のせいだと理解した上で自分たちの主張を理路整然と伝える。それに向けて一致団結し、でも時にはジョークを飛ばし、女性の私たちに気を使ってくれる紳士な方たち。素敵な方たちだった。そして洋子さんとはたった二日間とは思えないくらい深い話をした。ありがとう、洋子さん。
あと英会話のレベルも少しはあがったかも。もっともっと勉強しよう。
これぞ、終わりよければすべて良し。

嗚呼、エアインディア。

でも、一番怒りをぶつけるべきは台風なんだけど。
ご精読ありがとうございました。
お☆わ☆り